失敗談

【意外な盲点】初めてのグランピングは大失敗でした…

2021年3月29日

どうもこんにちは、今回はちょっと前(といっても結構前ですが)に初めてグランピングに行ってきたので、その感想記事となります。

このブログを読んでもらえればわかる通り、私は超インドア派なライトオタクです。そんなライトオタクでもゆるキャン△とか見ていると「キャンプ行きて~」という欲求に駆られるのですが、ガチのアウトドアはちときつい。そういうわけで、キャンプ気分が楽しめて設備が充実している(らしい)グランピングに行ってきたわけです。

 

グランピングに行くときは防音を重視しろ!できるのか?

(写真はイメージです。悪口書いてるのでどこに行ったかは言いません(笑))

結論から言います。隣のドーム(テントの代わりのもの)の若者、たぶん大学生の集団が夜中まで騒いでいて眠れませんでした。

いやマジでもう眠れませんでした。騒いでいた、と書きましたけど多分声量的にはちょっとお酒が入ってテンションが上がった飲み会程度だと思うんですよ。でもね、まーよく聞こえますwww なんなら缶を捨てる音とかも聞こえるくらい。グランピングの場所って割と静かな湖畔的な場所にあったのですが、周りが静かな分、若者たちの声が本当によく聞こえる。

多分夜中の3時くらいまで眠れなかった。

まあ騒がないでくれるに越したことないですが、一方で、騒ぎたくなる気持ちもよくわかります。友達と皆でキャンプ来てたらそりゃ修学旅行気分になるじゃん!夜中まで遊びたいじゃん!

ドームの防音性は皆無なので尋常じゃなくよく聞こえる

ですので、特に施設に通報といったことはしなかったのですが、通報してくれたところで来てくれたとも言い難い。基本的にグランピングって施設だけ渡されてちょっと説明があって後は自分でやって、っていう感じなんで。たぶん常駐の人もいなかったんじゃないかなあ。

あと、通報したり、注意しに行ったりして怒られても怖いし…こういうときに筋肉が必要

そうなると施設側でなんとかならんのかなあ、という思いも出てくるわけです。防音性能を何とかするとか、夜勤の人が何も言わないでも注意しに行ってくれるとか…でもそういうのがないのがグランピングなんだろうなあ、って思いました。

そういう待遇を求めるならホテル行けよ、って話だと思いました。

そういうわけで、グランピングに行くなら、ぶっちゃけ同じタイミングで宿泊する集団によるので割と運ゲーだと思いました。

 

 

耳栓を持っていったら変わったのか…?

書くことがないので僕が愛用している耳栓についてでも書いておきます。

グランピングのときはあいにく持参していなかったのですがこのときほど耳栓を持参していなかったのが悔やまれることはありません。

この耳栓は普段使用しているのですが結構性能が高いです。個人差もあるでしょうけど、テレビをつけていても耳栓をすればほとんど音が聞こえなくなるくらいです。確か、どこかのサイトで紹介されていた耳栓でして、他の高級耳栓と比較したわけではありませんが、一般的に良いものと流通していると考えていいでしょう。

ちなみに100円ショップの耳栓と比べてみるとその性能差は歴然。耳栓なんて似たようなもんだろ、という考えは吹き飛びます(笑)

 

 

グランピングの良かったことを思い出してみる

おいおい、グランピングの記事なのに不満ばかりかよ、と思われるかもしれないので、一応良かった点を書いておきます。

  • 備え付きのハンモックが気持ちよすぎる。一生ゆられていたいくらい。なんならAmazonで注文したい。
  • BBQが楽しい。野菜って焼くとこんなにうまいのか、ってなる。
  • 場所によるが空気がうまい。死ぬほど寝苦しかった朝でもとても爽快な気分だった。

というわけで、騒音さえなければ割と楽しかったです。もう行くことは無いかもしれないけど、今度行くなら耳栓は必須でしょうね。

短いですが今回の記事は以上です!みんなは楽しむときは周りにも注意しようね!

欲しいもの

2023/1/22

【欲しい】パナソニックのパーソナル食洗機SOLOTAがすごく気になる件

ReadMore

ゲーム

2023/1/21

【ネタバレあり】PS1の名作アドベンチャーゲーム「ダブルキャスト」をプレイしたので感想を書く

ReadMore

ガジェット感想

2023/1/18

【難しい】スマホのバトロワゲーをドンキや100円ショップのコントローラでやってみる

ReadMore

書籍感想 英語学習

2023/1/15

【満足感すごい】英語苦手マンの急所を狙い撃ちしたガチで使う表現だけ解説した神参考書

ReadMore

AIで遊ぶ

2023/1/9

【AIで小説を書く】ChatGPTを使って超ショートSF小説を書いた過程の個人的メモ

ReadMore

-失敗談

error: Content is protected !!

© 2023 QOL活!