ゲーム

【ぼっち】コミュ障のワイがプレイしたオンラインゲームの印象や感想を書いていく

どうもこんにちは、今回は私がプレイした色々なオンラインゲームについて独断と偏見に満ちた感想を書いていきたいと思います。人によってもちろん感想が異なってくるのは大前提ですが、今回はちょっとした軸を持って感想を書いてみたいと思います。それはズバリ、

コミュ障がプレイしてどう思ったか

というものです。ご存知の通り、わたくし、Twitterで友達が一切いません!このブログ記事執筆時点で早4ヶ月近くアカウントを運用していますが、いまだにやりとりできるお友達はいないのです!それは何故か?私がコミュ障だからです!いえ、正確にいうと、ネットコミュ障?なのです。

そんな人間がネットで繋がることを前提とするオンラインゲームをプレイしてどう感じたのか?そういった観点から記事を書いていきたいと思います。

 

Final Fantasy 14

みんなご存じ、飛ぶ鳥を落とす勢いの絶好調国内MMO RPGです。色々と書いていますが、このページに挙げているゲームの中ではプレイ時間はぶっちぎりで1位。基本的にめちゃくちゃ面白いです。馴染みやすいファイナルファンタジーの世界観がGood。色々なコミュニケーションの手段がありますが、その分、負の面も…

端的な感想としては、このゲームは「面白いけど人によっては疲れるSNS」といったところでしょうか。TwitterなどでSNS疲れをしやすい人は注意が必要だと思います。自分に合ったコミュニティを見つければ、いくらでものめり込むことができるんだろうなあ、と思います。問題は自分が馴染める場所を探すのが非常に難しいことです。自分から行かないとダメなんだけど、チャットで文章打つのも怖い…コミュ障にはなかなかハードルの高いゲームでした。

私の場合、このゲームでは、人がたくさんいるのに友達ができない、誰ともコミュニケーションを取れない、といった具合に「孤独」を感じることが非常に多かったです。人と密接につながることができるが故に、自分がぼっちだと「孤独」が際立ちます。ひとりでソロプレイをしていると、みんながワイワイガヤガヤやっている教室の中でひとりぼっちで小説とか読んでいる気分になってきます。あるいは皆がリプライ飛ばしまくっているSNSで自分のフォロワーは0人みたいな感覚を味わいます。

あとこれは全て偏見ですが、結構な要素(持っている武器、称号、乗り物やペットなど)が、誰かに見てほしい、自慢したいといった具合に承認欲求と結びつく、これまたSNS的なところがあるので、自分の承認欲求とうまく付き合っていく必要があります。自慢はダメですし、嫉妬してもいけませんし、僻んでもダメです。気がつくと心の闇に囚われることがあるかもしれません。割と大らかな心を持った人に向いているゲームじゃないでしょうか

 

Fallguys

ホォーホォーホォーホォー!

物凄く気楽にできるゲームです。PvPにありがちなギスギスは一切ありません。やっぱりキャラが可愛いって大事ですね。脳みそがとろけます。ビーンズ君になりきれば、自分のIQもちょっと下がった感じになるので、なんかこう余計なことを考えずに済みます。人間らしい複雑な思考を捨てて、割と頭空っぽにして本能に従いながらゲームをやりたい時にオススメです。

プレイしている時に特に何も考えていないので、あんまり書くことがないのです。でも面白いよ!

 

Fallout76

個人的にコミュ障に1番オススメのMMOですソロでも楽しむことができます。注目すべきポイントはテキストチャットがないこと。すべてのコミュニケーションはジェスチャーかボイスチャットとなります。でもボイスチャットを使っているプレイヤーはごく少数で、基本的にはみなさんジェスチャーのみ使用してコミュニケーションをとっています。

このジェスチャーだけというのが大きなポイントでして、他のプレイヤーとのコミュニケーションの敷居が驚くほど低いです。この点が、FF14とは対照的でして、コミュニケーション手段が限られているからこそ、気軽にコミュニケーションをとることができるのです。とりあえず知らん人にはジェスチャーを送っておけばOKです。くっそテキトーにやっておけばOKなので、対人関係で悩んだことがありません。思うに、テキストコミュニケーションだと「変な人だったらどうしよう、合わない人だったらどうしよう、言葉を選ぶのが面倒臭いな…」みたいなコミュ障にありがちな悩みを抱かなくて良いのです。従って、よくわからんがジェスチャーしておけば、相手もよくわからんがジェスチャー返してくれるので、なんかコミュニケーションとれてMMOの醍醐味を味わうことができます。マジでオススメ。

あとゲームはソロで進行してもOKというか、ぶっちゃけシナリオやクエストはソロで進行するのが前提となっているので、ひとりでも全然楽しめます。他プレイヤと遊ぶときはチームを募集する(これもびっくりですけど、特に何も用事ないのにパーティ組めるし、結構な人が組んでいます。パーティ組んでるくせに一緒には行動しない自由っぷりはもはや清々しいです)、それか、開催中のイベントに飛び込む感じです。飛び込んだらとりあえずジェスチャー!これで意思疎通は完璧です。楽しい。ちなみにバグというか、至る所でハマったり、なんかおかしな挙動しますが、これもくっそテキトーなノリのひとつなので、却って好きです。FF14ばっか比べて申し訳ないのですが、回線落ちしても申し訳ないとかなくて、まあFalloutやしこんなもんやろ、くらいで済まされますwww まあ基本的に何やってもOKなんですわ。

持論ですが、コミュ障の人は、相手のことを慮るばかりにコミュニケーションがうまくとれないところがあるので、その点の心配が皆無に近いこのゲームは本当にオススメです!

 

ファンタシースターオンラインニュージェネシス

あまりやりこんでいないので、よくわからないです(ごめん)。

 

VRchat

コミュニケーションに振り切ったゲームという印象。色んなコンテンツはあるものの、結局のところはボイスチャットがメインなので、FF14よりもSNSに近い印象です(まあチャットだからなあ)。自分からボイスチャットをしてコミュニケーションをとらない限り、ひとりでワールドを彷徨うだけで、すぐに飽きます。私は1週間でプレイしなくなりました。このページで紹介している中では最もコミュ障には向かないと思われるゲームです。Oculus Quest2全般については以下の記事もご参考に。

参考【散財悲報】1週間でMeta Quest2に飽きた理由を語る

続きを見る

 

コミュ障のワイがプレイしたオンラインゲームの印象や感想を書いていく

というわけで、物凄く少ないながらも、オンラインゲームに関する記事でした。他にも色々とやっていることはやっているのですが、基本的にそれなりのプレイ時間(PSO2も言うて30時間くらいはやりました)をプレイしたゲームについて書いてみた次第です。

まあ、Fallout76が1番オススメですな!月額も基本はかからないのにこの面白さは素直にすごいと思います。

-ゲーム

error: Content is protected !!

© 2022 QOL活!